借金が返せない人の対応方法とは?

借金が返せない場合の対処法について

借金が返せない場合には融資を受けている金融機関に申し出ることで返済期間を延ばすなどの対処ができる場合がありますが、この場合には返済期間が延長されることで、毎月の返済額が少なくなるものなので、借金が減額されることはありません。また利子の支払いが難しい場合や、返済日が多すぎて管理できない場合などには金融機関のおまとめローンなどを利用することで、返せない状況を打開することができるのですが、3ヶ月程度返済が滞ってしまうと、マンションなどの場合は差し押さえられることがあるので、計画的な返済をしなければなりません。会社を解雇されるなどして返済が難しくなった場合には弁護士や司法書士に相談をして解決することができるので、正当な手段で借金を減額してトラブルを未然に防ぐことができるので、多くの人が弁護士などに相談をしています。

借金が原因で自己破産

自己破産は借金問題の最終的な解決には有効なのですが、社会的な制限を受けなければならないので、デメリットもかなり大きくなります。またブラックリストに記載されて7年間はローンを組むことができませんが、それ以降も信用情報などを調べると自己破産の履歴が残されているので、銀行などからの融資を受けるのは難しくなります。またギャンブルが原因の借金は自己破産するのが難しいので、最初の1回は成功しても繰り返し自己破産をすることはできません。基本的には金融機関の担当者に相談をすることが重要なのですが、それでも解決できない場合には弁護士や司法書士に依頼をして、代理人として交渉をしてもらうことが大切です。踏み倒したり自己破産をすることは社会的なデメリットが非常に大きくなるので、法律を守って手続きをすることが大切です。

借金で刑務所へ?そんなことあるの?

借金で刑務所に行くことはない

借金をすることによって刑務所に行かなくてはいけないようなことはありません。これは借金を延滞してしまったときでも同じで、そのようなことをする必要性は一切無いのです。そもそも、人が刑務所に行かなくてはいけないときというのはどのようなときなのでしょうか。それは、法律に規定している文言に違反してしまったときです。こうした行為を犯罪行為と言い、法規に反した行動をすれば当然その罪を償うために刑務所に入らなくてはいけません。では、こうした罪状はどのようにして決めるのでしょうか。もちろん、法律に書かれている文言に従います。仮に、他人に対して傷害を負わせたものは数ヶ月懲役刑にならなくてはいけないという規定があったのならばその規定に従って刑に服さなくてはいけません。刑務所に入らなくてはいけないのは、最初からこのように法律に書かれている文言を犯したときのみであるため、借金は全然関係がありません。そもそも、刑法には借金をしたことによって刑務所に入らなくてはいけないなどと言った文言が存在しないからです。存在しない法規に従う必要は一切無いので、延滞したとしてもそれを理由に刑に服さなくてはいけない理由はないわけです。

刑務所に行かなくてはいけないのは騙して借金をしたとき

借金の問題で刑務所に入らなくてはいけない案件は一つもないのでしょうか。もちろん、例外的なケースも十分に考えられます。例えば、消費者金融や銀行からお金を借りるときに相手を騙してしまったときです。相手を騙して多額のお金を借りたときには、お金を貸した側はその騙し行為によって金銭をとられてしまっているのでこれは刑法上の詐欺罪に該当します。借金問題が逮捕や刑務所に入る案件とは無関係とは言っても。契約の中でこのような違法な行為を消費者が行ってしまった場合には例外的に刑に服さなくてはいけないケースもあります。また、借金の返済をする際に相手に対して恐喝や脅迫をしたような場合も同様です。返済を求められたにも関わらず、その返済に応じず逆に相手に対して脅しをかけるような場合にも刑法上の恐喝罪や脅迫罪が適用される可能性があるので、こうした状況になったときには罪を償わなくてはいけません。こうした刑法上の犯罪行為が無い場合には、どのような状況であっても借金で消費者が刑務所に入らなくてはいけないことはないのです。お金を借りるということは何も悪いことではなくむしろ自身や会社にとって大きな利益となることなので、正しい融資の契約を相手と結びましょう。

借金と実質年率について

多目的ローンの金利を見たとき、実質年率という表記になっているでしょう。
これは借入残高に対して発生する年率のことです。
同じ年率ならば、借入額に比例して利息が発生します。
1万円の借入で利息が150円ならば、10万円だとその10倍の1,500円になります。
借金の利息を減らしたいなら、初回融資のとき借りすぎないようにすることです。
また、必要がなければ追加融資も受けないようにしましょう。
追加で借りると、利息も増えてしまうからです。

借金の年率の上限は20.0%となっています。
この利率を超えると違法になるので、20.5%といった設定は絶対にありません。
昔はグレーゾーンが黙認されており、30%に迫る高金利ローンもありましたが、現在は存在していません。
もしあるとすれば、貸金業登録をしていないヤミ金くらいでしょう。

ローンの年率は幅があり、借入額により変動します。
一般的に借入額が大きくなるほど、利率は下がるものです。
ただし、利率を下げることを目的にして、追加融資を受けるのは避けたほうがいいです。
利率が下がるほどお得なのは確かですが、借入残高が増えることで利息が大きくなります。
借金を無難に返済するには、借りる金額を抑えることが一番大切なのです。