借金が返せない人の対応方法とは?

借金が返せない場合の対処法について

借金が返せない場合には融資を受けている金融機関に申し出ることで返済期間を延ばすなどの対処ができる場合がありますが、この場合には返済期間が延長されることで、毎月の返済額が少なくなるものなので、借金が減額されることはありません。また利子の支払いが難しい場合や、返済日が多すぎて管理できない場合などには金融機関のおまとめローンなどを利用することで、返せない状況を打開することができるのですが、3ヶ月程度返済が滞ってしまうと、マンションなどの場合は差し押さえられることがあるので、計画的な返済をしなければなりません。会社を解雇されるなどして返済が難しくなった場合には弁護士や司法書士に相談をして解決することができるので、正当な手段で借金を減額してトラブルを未然に防ぐことができるので、多くの人が弁護士などに相談をしています。

借金が原因で自己破産

自己破産は借金問題の最終的な解決には有効なのですが、社会的な制限を受けなければならないので、デメリットもかなり大きくなります。またブラックリストに記載されて7年間はローンを組むことができませんが、それ以降も信用情報などを調べると自己破産の履歴が残されているので、銀行などからの融資を受けるのは難しくなります。またギャンブルが原因の借金は自己破産するのが難しいので、最初の1回は成功しても繰り返し自己破産をすることはできません。基本的には金融機関の担当者に相談をすることが重要なのですが、それでも解決できない場合には弁護士や司法書士に依頼をして、代理人として交渉をしてもらうことが大切です。踏み倒したり自己破産をすることは社会的なデメリットが非常に大きくなるので、法律を守って手続きをすることが大切です。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です