借金で刑務所へ?そんなことあるの?

借金で刑務所に行くことはない

借金をすることによって刑務所に行かなくてはいけないようなことはありません。これは借金を延滞してしまったときでも同じで、そのようなことをする必要性は一切無いのです。そもそも、人が刑務所に行かなくてはいけないときというのはどのようなときなのでしょうか。それは、法律に規定している文言に違反してしまったときです。こうした行為を犯罪行為と言い、法規に反した行動をすれば当然その罪を償うために刑務所に入らなくてはいけません。では、こうした罪状はどのようにして決めるのでしょうか。もちろん、法律に書かれている文言に従います。仮に、他人に対して傷害を負わせたものは数ヶ月懲役刑にならなくてはいけないという規定があったのならばその規定に従って刑に服さなくてはいけません。刑務所に入らなくてはいけないのは、最初からこのように法律に書かれている文言を犯したときのみであるため、借金は全然関係がありません。そもそも、刑法には借金をしたことによって刑務所に入らなくてはいけないなどと言った文言が存在しないからです。存在しない法規に従う必要は一切無いので、延滞したとしてもそれを理由に刑に服さなくてはいけない理由はないわけです。

刑務所に行かなくてはいけないのは騙して借金をしたとき

借金の問題で刑務所に入らなくてはいけない案件は一つもないのでしょうか。もちろん、例外的なケースも十分に考えられます。例えば、消費者金融や銀行からお金を借りるときに相手を騙してしまったときです。相手を騙して多額のお金を借りたときには、お金を貸した側はその騙し行為によって金銭をとられてしまっているのでこれは刑法上の詐欺罪に該当します。借金問題が逮捕や刑務所に入る案件とは無関係とは言っても。契約の中でこのような違法な行為を消費者が行ってしまった場合には例外的に刑に服さなくてはいけないケースもあります。また、借金の返済をする際に相手に対して恐喝や脅迫をしたような場合も同様です。返済を求められたにも関わらず、その返済に応じず逆に相手に対して脅しをかけるような場合にも刑法上の恐喝罪や脅迫罪が適用される可能性があるので、こうした状況になったときには罪を償わなくてはいけません。こうした刑法上の犯罪行為が無い場合には、どのような状況であっても借金で消費者が刑務所に入らなくてはいけないことはないのです。お金を借りるということは何も悪いことではなくむしろ自身や会社にとって大きな利益となることなので、正しい融資の契約を相手と結びましょう。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です