サラリーマンってみんな借金をしているものなの?

借金がないサラリーマンは少ない

サラリーマンは皆借金をしているのかと気になっている人もいることでしょうが、何を持って借金とするかという定義にはよるもののほぼすべてのサラリーマンが借金をしています。借金というと消費者金融からの借り入れだったり、家や車のローンであったり、あるいは個人的な貸し借りを思い浮かべる人もいることでしょうが、それ以外にもクレジットカードでの購入や分割払いでの購入など後払いに対するものは全て借金だといえます。そして、現実的にこのようなサービスを一切利用すること無く生活をするということは、不可能なものとなっていますから、実際に全くどこからもお金を借りていない借りたことがないというサラリーマンというのは少ないものとなっていて、一般的なレベルで言えばまずいないといってもいいものとなっています。しかし、多くの人がイメージする消費者金融などからの借り入れといったものであれば、これはそれほど多いものではなく逆にこのような場所からお金を借りたことがないという人の方が大半というレベルになっています。ただし、完全に全く借金をしたことがないという状態と比較をすればその数というのは、かなり多いものとなっています。

少額であればお金を借りている人も

今の時代にクレジットカードであったり、光熱費や家賃の引き落としといったものを無しで生活をしていくことは不可能ですから、このような部分で借金を全くせずに生活をしていくということは不可能に近いものとなっています。それでは、消費者金融などのように本来であれば利用をしなくても済むようなものを利用している人はどれだけいるのかというと、決して多いものではないものの少額であればこのような場所からお金を借りているという人も少なくありません。サラリーマンともなれば色々な付き合いがありますし、いきなりお金が必要だという場面に遭遇をしてしまうこともあります。そのような状況で必ずしも手持ちに余裕があるとは限りませんから、消費者金融などから一時的に用立てをしたことがあるという人は少ないものではありません。特に近年は無利息期間などのキャンペーンを行っている消費者金融が増えてきていますから、気軽に利用をしやすい環境が整っているため、ちょっとしたピンチの時に利用をしているという人も多いものです。ただし、このような借金というのは絶対数で見ればそれほど多いものではなく、やはり一部の人に限定されているのが現状です。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です