借金の延滞金が高い!私が減らした方法とは?

借金の延滞金を減額することは出来るのか

借金の返済が出来ないで、そのまま延滞していると遅延損害金というのがかかってきます。これは、金融会社に対しての迷惑料のようなもので、本来返すときに返済をしていないためです。遅延損害金は、利息よりもかなりの負担になります。そのため、ますます返済が苦しくなるので減額出来ないかという考えをもたれる方もします。実は、遅延損害金は、交渉することで減額されることもあります。しかし、一般の人が普通に交渉しても相手にされませんし、かなり難しいです。例えば、残りの借金額に対して、決めた日にまでに一括で返済するので、遅延損害金を減額してもらえないかなど、相手にメリットがないと成立はしません。また、本人だと難しいですが、専門家である弁護士に依頼することで遅延損害金や借金そのものの減額、利息の減額などの交渉もスムーズになります。債務整理を行えば、借金、遅延損害金、利息などもかなり少なく出来ます。

債務整理をして減額した借金が更に返済出来ない場合は

弁護士に依頼して、債務整理を行い減額してもらった借金を返済出来ないとどうなるのでしょうか。任意整理後の延滞や滞納は許されていません。債権者は、任意整理によって行ったのだから返済が当然なので、督促はこれまで以上に厳しくなります。よく、返済にボーナスをあてることもありますが、ボーナスは減額になったり支給されないことがあるので、返済計画には入れない方がよいです。ボーナスは、急な出費のために備えておいた方が安心です。任意整理の和解契約書では、個人と相手の金融会社との話し合いになるので、その内容は金融会社によって違ってきます。一般的に、任意整理をすると将来利息もカットしてくれて、それまでの遅延損害金は付けないことが多いです。しかし、任意整理後の延滞だと、延滞損害金として延滞利息が付くことが殆どです。大体、2回までは認められていて、その場合は延滞損害金はかかりますが法的には何もありません。  

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です