兄弟に借金を申し込む時にしたお願い方法は?

生活費に関する理由が多い

親にお金を借りるという話はよく聞かれるものですが、兄弟の間でも貸し借りをすることは、割とよくあるものです。身近な存在であるため、親同様にお金を借りやすいという理由があります。兄弟から借りる時に、生活費に困っているのを理由にするケースが目立ちます。今月分の携帯料金が足りない、税金の支払いに数万円、数千円足りないため貸してほしいなどです。結婚式や葬式に出席する時に、ご祝儀や香典の費用を借りることもあります。兄弟が離れて暮らしているのであれば、家賃が支払えない、親の介護費用が必要になった、などの申し込みかたもあります。借金はすぐに返済できれば、あまり深刻な問題になりませんが、あまりにも甘えすぎていると、相手に嫌がられ、険悪な状況になる恐れがあることを、よく知っておきたいところです。

兄弟の仲が悪くなる前に生活を改める

借金の理由が本当であっても、お金をたくさん借り続けていたり、借金返済がなかなか行われない状況にあれば、怒られたり貸してくれなくなったりします。兄弟だけに遠慮がありませんので、大喧嘩になる可能性もあります。特に借りる理由が、カードローンやキャッシングの支払いにあてるためだと相手が知れば、不快感が増すものです。仲が険悪になれば、親が悲しむでしょうし、今後の付き合いに悪影響をおよぼすようになります。この問題を解決するには、生活を改めることから始めるのがよいでしょう。無駄な出費を抑えるのがおすすめです。異様に高額な生命保険の掛け金を支払っていないか、携帯料金が節約できないか、調べてみてください。カードローンやキャッシングの返済が困難であれば、法律の専門家に相談をするのも、有効となります。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です