借金疲れ・・・もう無理と思ったら

借金というのは、返済するまで終わることはありません。借金疲れでもう無理と思っても、金融機関は請求をしてくるでしょう。もう無理だと告げても、取り立てを止めてくれる業者などありません。借金は全額返済するのが義務ですが、どうしても無理なこともあるでしょう。給料が激減した、病気で高額な出費があった、などなど。返済がもう無理だと感じたら、迷わず弁護士に相談をしましょう。債務整理は法的な借金解決法であり、国が認めている方法です。弁護士に相談をすれば、自己破産や個人再生、任意整理といった方法を紹介してくれます。過払い金が発生していればラッキーで、これで借入残高をかなり減らせることがあります。いずれにせよ、もう無理だと思っても何もしなければ解決しません。速やかに弁護士に相談をして、今後の対策についてアドバイスを受けましょう。弁護士と相談をして、完済するのが無理だと判明したら、すぐに債務整理の手続きを始めましょう。弁護士が代理人になってくれるので、自分は何もしなくてもいいです。債務整理が開始されると、取り立てがすぐに止まるはずです。取り立てから解放されるだけでも、借金の悩みの半分は解決するでしょう。返済できないと思ったら、法律家の力を借りるしかありません。

借金を申し込まれたときの対処術

友人や知人などに借金を申し込まれた場合の対処法がありますが、まずどのような理由によってどの程度の金額を貸して欲しいのかをよく確認します。もしギャンブルが理由だったりするようなら貸さない方が無難ですし、一度貸してしまうと味を占めさせてしまう事にもなり兼ねません。申し込まれた場合でもきっぱりと拒否する姿勢を持つのが返済不良などのトラブルに見舞われない為の基本ですので、簡単に借金を受け入れてしまわないように注意が必要です。しかしながら時にはのっぴきならない事情によって借金を申し入れられる事もあるかもしれませんが、そのような時にはしっかりと借用書を作成しておく事が大切です。何も証拠がない状態で借金を受け入れてしまうと、貸した借りていないでのトラブルに発展する可能性がありますし、そのまま逃げられてしまうようなケースもあります。借金の事実があったという証拠を残しておく事は後々のトラブルを予防するという意味でも大切ですので、親しき仲でも借用書は大切です。ただ、借用書を作るという事は即ち相手を信用していないという表れでもあります。ですから信用問題にも影響を与えますし、親しい仲なら関係にも影響する恐れがありますので、できればお金のやりとりはしない事が最も大切と言えます。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です