【借金】×【返済】×【ギャンブル】

私はギャンブル依存症です。ギャンブルのジャンルは「競馬」です。仕事で大きな借金を背負っていた私は、それを趣味の競馬で返そうと真剣に考えたのが転落人生の始まりでした。実に馬鹿げていました。現在ではスマートフォンから馬券を容易に買うことが出来ます。土日のJRA開催がなくても、平日の地方競馬で馬券は購入できます。しかも、ほぼリアルタイムでレース中継を見ることができるので、私は平日も土日も、毎日毎日競馬のことを考える生活になってしまいました。しかし私には博打の才能はありませんでした。あっという間に数社の消費者金融から借金をする事態に陥ってしまったのです。当時私は結婚しており、約10年間付き合って、ようやく籍を入れたという相手でした。その愛する妻にバレたくないという理由で、借金の存在を隠しました。そして毎月迫ってくる返済日のプレッシャーから逃げようと、更にギャンブルをしてしまいました。途中、友人やお世話になった人たち、両親らからお金を借りることができ、「これ以上悪化させなければ、妻に内緒で借金を返済していくことが出来る」というタイミングが何度もありました。その都度、「これで立ち直れる」「これでギャンブルを止められる」と思いました。しかし実際はそういった思いとは裏腹に「これが最後。これが最後。」と自分に言い聞かせて、結局また馬券を購入していたのです。そしてそのレースで勝とうが負けようが最後のレースにはなりません。次のレースも購入し、その次も購入し、結局最終レースまで購入します。そして当然のように翌日も1Rから馬券を買っているのです。頭ではギャンブルをすればするほど借金を増やしていくということが分かっているのに、そのプレッシャーから逃れたくてギャンブルをしてしまうのです。そして強迫的ギャンブラーになってしまったのです。「返済があるからギャンブルをしなければならない」と、常人には理解しがたいような思考回路が誕生してしまいました。私の金銭感覚は完全におかしてくなり、金銭状況は破たん。通常の返済もできなくなり、妻の知るところになりました。妻は私にチャンスをくれましたが、それもまた裏切ってギャンブルを繰り返した私は、ほどなく離婚を言い渡されます。私は今、弁護士さんに相談して個人の民事再生手続きを行っています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です