いつの間にか借金が出来て返済の日々

私には借金があります。そうです。現在進行形です。初めて借金をしたのは、以前に自分がやっていた会社を清算決了する時でした。経理を手伝ってもらう人員はいましたし、町の税理士事務所と契約はしていまいた。しかし責任者である私の管理がずさんだったのです。多額の税金の未払いが残っていました。私は自分の両親から借金をして、一部のお金は自分の貯蓄から捻出し支払いました。当時私は結婚して、妻と二人で暮らしていました。妻は元銀行員で、お金の管理には厳しい人。私は両親から借りて、会社の税金を支払った事を妻に打ち明けることができず、妻に大きな嘘をついてしまったのです。「会社の清算は自分の貯蓄から出したお金で完了した」と。そしてこの後に私はとんでもない行動に出ます。ここから借金生活のスタートです。私は仕事の調子は良かったのです。会社を清算するのも、次の会社へ就職する為であり、しっかりした経理体制を組んでいれば会社は黒字だったのです。「こんなところで躓いていられない」と考えた私は、その時、プライベートで少額の利益を得ていた「競馬」で借金を返すことができないだろうか、と実に馬鹿げた思考回路になってしまったのです。ちょっと勇気を持って賭け金を増やせば良い。そして勝ったタイミングでサッと引いたらよい。と思ってしまったのです。最初は150万ほどの利益が出ました。しかしそれが最初で最後。そのお金は直ぐになくなり、逆にマイナスに。しかし1度150万を稼いでいるのだから、もう1度稼げるはず・・・。そう思って競馬のお金を作るために消費者金融に借入れを行いました。それからの私は来る日も来る日も競馬のことばかり考えていまいた。最初は土日だけJRAでギャンブルをしていたのですが、平日の地方競馬の存在を知り平日も競馬をすることに。仕事そっちのけでスマートフォンから競馬の馬券を買う。まるでお金を数字ゲームのように考えて、どんどんお金が無くなっていく。消費者金融への返済をするために、その返済金を競馬で稼ごうとする。そういう生活を続けて約2年で、ついにパンク。借金をしていたことを妻に報告し、1度だけチャンスをもらえたのですが、そのチャンスを直ぐに裏切ってまた競馬をしました。おかげで妻とは離婚。借金はとても自分が返済できるような金額ではなくなりました。今は民事再生の相談をしている最中で、毎日後悔しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です