車が元で借金地獄返済できなくなった私は

私は、以前の会社に入社してから、お金をこつこつと貯めて、ぎりぎりの生活をし、即金で車を購入しました。それから一週間でその車を事故で廃車にしてしまい、それから借金をして、新しい車を購入しました。車を購入した際の借金は3年ほどですべて返済することができましたが、その後、本当に欲しい車を中古車情報誌で見つけました。その車を購入するために、そのとき乗っていた車を、自分の後輩に譲り、そのお金を頭金にして、借金をして購入しました。購入したときはかなりうれしくて、良く乗っていたのですが、修理にもお金がかかり、借金をして部品を購入したりしておりました。しかし、そんな時、自分のその車が欠陥車ではないかという疑いが出てきました。知り合いの車屋で調べてもらったところ、案の定、車のつなぎ目が見つかり、欠陥車と判明しました。その売りつけた車屋に損害賠償請求をしようと新たに借金を作り、弁護士に相談しました。しかし、相手の車屋は、バックにやくざが付いており、法廷で争う場合には、相手が指定する裁判所でしか受け付けないということで、ほぼ勝てないということでした。残っている借金はかなり多額で、月々の返済も大変になり、闇金からもお金を借りました。闇金からはひっきりなしに電話がかかってきて、会社にも電話がしょっちゅうかかってくるようになってしまいました。会社の後輩からもお金を借りており、会社に両親を呼ばれ、両親には、一番迷惑をかけたくない後輩の借金を返済してもらいました。両親には、結構な額を返済してもらったのですが、すべてを返済してもらうことはできませんでした。車は維持することができなくなり、当然、廃車になり、会社も辞めました。借金を返済できないので、最終的には、弁護士に相談し、自己破産をすることになりました。自己破産をしたあと、私は両親と一緒に暮らしており、新しい仕事にも就いて、今では車も購入せずに実家で静かに暮らしております。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です